CSR

トップコミットメント

2019年、SDGsにコミットしよう!

歴史は「必然」からではなく、「偶然」からつくられる。その意味では、いま我々の生きている現代は、非常に不安定であやふやで、未来に対して不確定な要素に満ちており、社会がどのように変化を遂げるのかは、全く予想ができない。しかし、もし未来から今の歴史を眺めた時、今は、地球温暖化や生物多様性の減少が進み、貧富の格差が広がり、摩擦や軋轢の多い、混とんのグローバル社会ができる、まさに入口であるように感じる。そのように、今が、歴史の分岐点になっている可能性は多いにあり、まさに現代は、いわゆる持続可能性の「ティッピングポイント」を超える境目にある。ゆえ、われわれは、地球を持続可能な形のまま、次世代に送りこむ大きな努力が必要である。

さて、2015年9月に、全国連加盟国(193国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030 」を採択した。この計画が「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs) である。これは、持続可能な地球、そして社会、環境、経済を、未来の世代に託するためのアジェンダであり、国や企業、そして種々の団体が、このアジェンダの実現に向けて努力を始めている。この運動 にサラヤも精いっぱいコミットをしている。

サラヤでは、ボルネオ保全トラストによる生物多様性の維持、ウガンダの衛生向上の取り組み、エジプトの砂漠緑化など種々のプロジェクトに加え、まさに自然派の商品、食品衛生、公衆衛生、医療衛生、健康食品など、本業を通じてこのアジェンダに参画し、「持続可能な開発」のゴールを目指して対応する。そのためには、日本や世界の地域に根差した商品開発、グローバルな視野と行動、新しい考えや活動によるイノベーション、そしてなりよりも果敢な行動が必要である。まさに二宮尊徳の言う「道徳を忘れた経済は犯罪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」ことを実践することが必要である。そして、ダニエルピンクの6つのハイコンセプト ①機能だけでなく「デザイン」 ②議論よりは「物語」 ③個別よりも全体の「調和」 ④論理ではなく「共感」 ⑤まじめだけでなく「遊び心」 ⑥モノよりも「生きがい」の実践を追求して、活動する。

最後になりますが、本年度も、お客様、仕入れ先各位、関連団体各位、社員各位、それぞれに、どうかご指導ご鞭撻を賜りますよう、お引き立てを、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 更家 悠介

衛生の改善

途上国の衛生に貢献する

世界では1日約16,000人もの5歳未満の子どもたちが命を失い、その原因の多くは予防可能な病気です。石けんを使って正しく手を洗うことで、下痢性疾患や肺炎を予防し、100万人もの子どもたちの命が守られると言われています。ウガンダでは手洗い普及活動、院内感染の予防、妊産婦と子どもの死亡率低減のためのプロジェクトを推進しています。

医療衛生

感染症のリスクに備えた商品とサービスの提供

医療関連感染予防のための、商品やサービスを開発します。近年は、手指消毒剤に加えて、医療器具の洗浄剤「パワークイック」、環境消毒剤、PPE、そして過酸化水素ガス滅菌器「ステリエース100」など、多岐にわたる商品とサービスの提供を行っています。また、福祉分野では、感染予防に加え、栄養改善などによる、総合的なアメニティの向上を目指します。

公衆衛生、食品衛生

感染症の予防と健康づくり

きれいで快適なトイレのための商品やサービスの開発・販売を通して、トイレアメニティを推進しています。また、インフルエンザ、ノロウイルスなどの各種感染症に対して、正しい知識と予防の対策がとれるよう、商品とサービスの開発・販売を進めています。近年は栄養改善や口腔衛生を通じて病気を予防することも目指し、積極的にスポーツや美容を通じて健康的な生活づくりをご提案しています。

フードバリューチェーンの構築

急速液体凍結機ラピッドフリーザーの技術を活かし、国内外で農水産業と加工・販売を一体とする6次産業化や、流通を含めて適切な管理を可能にするフードバリューチェーンの構築に取り組んでいます。食品衛生を支えるよりよい洗浄剤や消毒剤の開発・販売、各種ディスペンサーおよび衛生機器や冷蔵・冷凍機器の開発・販売、食品衛生やサービスに係るソフトの提供と教育などを通して、食に関わるビジネスに貢献します。

環境配慮

持続可能な原料調達と地球環境の保全

地球環境の保全および気候変動への対策と持続可能な原料調達の実現を目指します。マレーシア ボルネオ島では生物多様性の保全に取り組み、持続可能なパーム油を活用したRSPO認証製品の開発も推進しています。エジプトでは砂漠の緑化についての研究を進めており、乾燥地帯でも育つホホバの苗を植え、その種子から高品質なホホバオイルを抽出して商品へ応用しています。

自然派のコンシューマー商品

安心・安全な自然派の商品をお届け

手洗い用「シャボネット石けん液」は1956年から、また「ヤシノミ洗剤」は1971年から続いているロングセラーの自然派商品です。現在は次世代型洗浄剤ブランド「ハッピーエレファント」も展開しています。さらに、「アラウ.」「アラウ.ベビー」などの無添加石けん、「ココパーム」「ラクトフェリンラボ」などの自然派化粧品も加えて、お客様に安心・安全な商品をお届けします。

食を通じて健康を維持

商品開発からサプライチェーンまで

羅漢果の生産地に自社工場を持ち、世界水準の品質管理と安定供給を行っています。ロカボな健康生活に役立つ「ラカント」「ロカボスタイル」、積極的な食生活の改善に「ニュートリション食品」とラインナップを充実させ、ひろがる食へのニーズにおこたえします。新しく東京にオープンしたCafe&Dining「神宮前 らかん・果」はラカントのアンテナショップとして魅力を発信しています。

グローバルな展開

世界各国のニーズに対応


現在、海外拠点は22カ国26拠点の営業拠点と、7カ国8拠点の製造拠点にひろがっており、グローバルなサプライチェーンを強みに多様なニーズにおこたえしています。