会社情報

サラヤの歴史

1952

パールパーム石けん液

赤痢予防の手洗いから

手洗いと同時に殺菌・消毒ができる
公定書外医薬品「パールパーム石けん液」を開発

サンフランシスコ条約が締結され、日本がようやく占領状態から解放された年、日本の衛生状態は良くなく伝染病が蔓延していました。創業者更家章太はヤシ油を原料に、殺菌成分ビオゾールを配合し、手洗いと同時に殺菌・消毒のできる石けん液「パールパーム石けん液」と石けん液を衛生的に供給する容器「押出・押上式」石けん容器を開発し、発売しました。

1961

毎日新聞 昭和44年9月25日

うがいの励行

「うがい器」が小学校での
公害対策として新聞紙面に再三登場

大気汚染が広がるなか、小学校などでの公害対策、光化学スモッグ対策として、コロロ自動うがい器が新聞各紙に何度も取り上げられました。

1971

新潟テレビCM放送 1979年

ヤシノミ®洗剤の発売

40年以上のロングセラーに成長

石油系合成洗剤による河川の汚染が進み、洗剤が社会問題となった中、サラヤは業界に先駆け、洗った後の排水がすばやく微生物によって分解され、環境への負荷が少ない植物系食器用洗剤を発売しました。

1979

ハンドサニターS

アルコール手指消毒

「ハンドサニターS」を発売

容器を上から押せば、従来の手指消毒成分に速乾性に優れたアルコールを加えた消毒液が噴射される「ハンドサニターS」を発売。両手を液に浸漬するそれまでの手指消毒を飛躍的に進歩させました。

1984

トーカット(初代デザイン)

健康と栄養のビジネススタート

低カロリー天然甘味料「トーカット」を発売

飽食から健康志向へと時代のニーズが変わるなか、生活習慣病や肥満につながる砂糖の代替品として低カロリーをうたった各種の合成甘味料が登場。安全性や低カロリーの信憑性などが論議されたことを背景に、サラヤは低カロリー天然甘味料の開発に挑戦。昔ながらの甘草の甘さを生かした「トーカット」の発売にこぎ着けました。

1989

食品衛生のエキスパート
「食品衛生インストラクター」の巡回

衛生管理の支援

食品衛生インストラクター制度発足

食品衛生向上のパートナーとして、得意先の要望に従い洗剤・薬剤の使用状況のチェックや指導などを行い、営業成果に結び付けることを目的に「食品衛生インストラクター」制度を設けました。

1990

ヒビスコール液A 1Lポンプ付き手摺型

速乾性手指消毒剤
「ヒビスコール液」の発売

幅広い殺菌作用と持続的な殺菌効果で
世界に進出

再汚染などの問題があった従来の消毒法を大きく変えたサラヤのアルコール消毒液。長年の研究開発を実らせた「ヒビスコール」は、従来品より低刺激で、しかも殺菌力と効果持続性は一層高まりました。

1995

ラカント商品群(初代デザイン)

「ラカント」を発売

厚生省許可特別用途食品カロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」を発売

甘草をいかした低カロリー天然甘味料「トーカット」の思いを受け継ぎ、1995年、羅漢果エキス配合の自然派甘味料「ラカント」を発売。砂糖と同じ甘さでノンカロリーを実現しました。

1996

シャボネット(初代デザイン)

O 157 予防衛生活動

大阪府で、O 157による
大規模集団食中毒が発生

岡山県で発生したO 157食中毒事件を機に、全国の給食施設・福祉施設にO 157及び感染防止に関する資料を繰り返し提供。学童の有症者数が6千名を超えた大阪府堺市での事件発生後は、増大した石けん液や消毒剤の注文に非常時態勢で対応しました。

1999

ISO9002登録証

ISO9002 認証を取得

国際水準のマネジメントへの取組み

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9002を大阪工場、伊賀工場が取得。2001年には環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を全社で、2002年にはISO9001を全社で取得しました。

2001

アセサイド6%消毒液

「アセサイド6%消毒液」発売

短時間で高度消毒や化学的滅菌が可能な消毒液

過酢酸製剤「アセサイド6%消毒液」は、従来品の課題を克服した、短時間・低温で効果が高く、安全性にも優れた医療器具用消毒液です。新薬申請というサラヤにとって未経験の高いハードルを3年半掛かりで越え、晴れて発売となりました。

アラウ.(初代デザイン)

「アラウ.」シリーズ発売

いままで、あるようでなかった?
無添加石けん+ハーブのチカラ

ヤシ油から生成した石けん成分にハーブ成分を加え、高い洗浄力、高い生分解性、手肌へのやさしさを実現。洗濯用石けんをはじめとする「アラウ.」シリーズとして展開し、発売しました。

2003

2010年発売のウイル・ステラV

手指衛生管理の普及

一刻を争う感染防止の社会ニーズを受けて

2003年に水際で阻止したSARS、2006年に不安が現実となったノロウイルス、そして2009年の新型インフルエンザ。ウイルスが遺伝子を変えて猛威をふるう中、サラヤは新しい消毒薬の研究開発に取り組み、対処法を考えてまいりました。

2005

お客様事務センター

お客様事務センター開所

お客様満足度向上へ

従来、営業拠点ごとに対応していたお客様からの受注やお問い合わせの窓口を東京と大阪の2拠点に集約しました。新たなコンピュータシステムを導入し、効率の良いスピーディーな対応で多様なお客様のご要望にお応えする体制を整えました。

2007

ボルネオのプランテーションと
熱帯雨林

緑の回廊プロジェクト

ボルネオの野生生物を救出、生物多様性保全の取組み

アブラヤシのプランテーションによって分断された熱帯雨林を、緑の回廊として森にもどすため、サラヤはヤシノミ®洗剤シリーズの売上の1%を拠金し、コーズリレーテッドマーケティングを開始しました。

汚物の処理ツールBOX

「汚物の処理ツールBOX」発売

適切な初期対応の普及で感染拡大を予防

ノロウィルスによる感染は、ウイルスで汚染された物に触った手などを介し、口から感染することで拡がります。感染リスクの疑いがある嘔吐物、排泄物などの汚物をすばやく安全に処理する際に必要なツールを発売しました。

2008

ISO22000

ISO22000認証を取得

世界に通用する食品衛生管理サービスを提供

国内で初めて、サービス提供者として食品安全マネジメントシステムを取得しました。トレーニングを積んだ食品衛生インストラクターが質の高いサービスをご提供いたします。

2009

新型インフルエンザ騒動から学ぶ本当の感染症対策

感染症対策のバイブル発刊

職場や家庭、個人で感染症対策を

感染症対策には、普遍的な予防対策を一人一人が持ち、職場や家庭で実施することが大切と考え、「新型インフルエンザ騒動から学ぶ本当の感染症対策」を発刊しました。

2010

ウガンダでの手洗い普及

100万人の手洗いプロジェクト

ウガンダに手洗いを正しく伝えよう

2010〜12年、ユニセフと共にアフリカウガンダで石けんを使った正しい手洗いの普及活動を支援しました。活動は大きな成果をあげましたが、まだ支援は必要と考え2015年まで引き続き行います。

ハッピーエレファント

持続可能なパーム油を活用した
商品開発

RSPOの認証制度に基づいた商品開発を実施

創業時から原料として利用している天然の植物油脂には深刻な生産地の環境問題があったため、持続可能なパーム油を利用した商品開発を実施し、環境ブランド「ハッピーエレファント」シリーズを立ち上げました。

2012

ウガンダの病院での手指消毒普及

病院で手の消毒100%プロジェクト

院内感染をなくすためアルコール手指消毒を普及

医療従事者へ手指からの感染予防を訴えるため、WHOが提唱する5モーメンツの理解を広める教育を進めると同時に、東アフリカでの院内感染をなくすためにアルコール手指消毒剤の普及を行っています。また、2014年には現地法人サラヤイーストアフリカで手指消毒剤の現地生産を開始しました。

2013

カンボジアでの手洗い普及

ハッピー手洗いプロジェクト

カンボジアでの感染症と死亡率低減のために

2013年3月からカンボジアで衛生調査を開始し、JICAのBOPビジネス連携促進準備調査事業「ハッピー手洗いプロジェクト」をスタートしました。

2014

G-line
ノータッチ式石けんディスペンサー

「G-line」発売

衛生的で快適なトイレ空間づくりを提案

予防衛生のノウハウを生かし、石けん液や消毒剤などを吐出するオートディスペンサーやペーパータオルホルダーを、トイレ空間にマッチしやすいシンプルなデザインで統一。世界同時発売しました。

2015

山東新華医療生物技術有限公司工場

合弁会社の新工場竣工

中国国内へシンファブランドで販売

2014年1月に中国で病院など医療分野における洗浄・殺菌・消毒用の機器製造を主力としている山東新華医療器械股份有限と合弁契約を締結し、2015年5月には山東新華医療生物技術有限公司として新工場が竣工しました。消毒剤の製造ノウハウを持つ伊賀工場の技術提供で高品質な商品を製造し中国国内へ販売されます。

桂林工場

桂林工場竣工

ラカントの原料を自社生産へ

桂林工場では、契約栽培と自社品質管理により羅漢果から甘味成分を抽出精製し、安全・安心な食品原料となる羅漢果配糖体及びラカントを製造いたします。また、当工場ではゼロミッションを目指し、周辺環境への影響に配慮すると共に、エキス抽出後の羅漢果残渣の再商品化に取り組みます。

2016

トークセッションで登壇する弊社社長

第6回アフリカ開発会議(TICAD Ⅵ)

アフリカにおける保健衛生分野の活動を紹介

ケニア・ナイロビでアフリカの開発をテーマとする国際会議が開催されました。サラヤは日本国際協力機構(JICA)、国連開発計画(UNDP)、国際青年会議所(JCI)三者共催のサイドイベントの中で、"アフリカ開発における日本企業の役割"についてのトークセッションに弊社社長が招聘されました。また敷地内特設テントにてJETRO主催のJAPANFAIRが開催され、保健衛生分野のブースでアフリカでの活動を紹介しました。

『これからのビジネスは「きれいごと」の実践でうまくいく  -環境ブランドで日本一になったサラヤの経営-』更家悠介著

社長著作本を発刊

自然な流れで成長してきたサラヤの経営を紹介

本書は、1952年の創業からの「衛生・環境・健康」分野を主軸とした商品づくりや原料生産地での環境保全活動や社会貢献活動などの進展を詳述しています。2010年に発行された著書「世界で一番小さな象が教えてくれたこと」を加筆修正し、人の営みと自然とが調和し共存する社会を実現する「きれいごと」が企業の持続可能性を左右し、生き残りのカギになるという信念のもと、持続可能な経済活動としてのソーシャルビジネスを紹介しています。

2017

オーラルケアステーション本町歯科

オーラルケアステーション本町歯科開院

口腔衛生分野の展開へ

口腔衛生分野の展開を目指し、オーラルケアステーション本町歯科を開設。メディカルトレーニングセンターが併設されており、セミナー開催のほか、最新の滅菌機器もご覧いただけます。

2018

サラヤチャイルドステーション

サラヤチャイルドステーション開所

企業主導型事業所内保育所設置へ

ダイバーシティの推進を重要な経営課題のひとつと位置付け、人材の多様性を尊重し、そのすべての働く仲間がジェンダーや国籍に関係なく持てる力を発揮でき、いきいきと働ける職場環境の整備を進めます。