サラヤ公式通販

お問い合わせ

文字サイズ

  • 文字サイズを小にする
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする

サラヤ公式通販はこちら

お問い合わせはこちら

Home > CSR > 環境の取り組み > 環境保全活動 > ボルネオ環境保全プロジェクト > 活動内容 > 1. 緑の回廊プロジェクト 〜土地の獲得〜

活動内容

1. 緑の回廊プロジェクト 〜土地の獲得〜

サラヤをはじめ、現地の国際協力機構JICA(日本政府ODA)や、SWD(サバ野生生物局)、NGOが中心となって、2006年12月にボルネオ現地にBCT(ボルネオ保全トラスト)事務局を設立。
現在、サラヤではNPO法人BCTジャパンを通じて現地の活動を支援しています。

BCT事務局をサラヤが設立支援。

緑の回廊計画

川辺は野生生物にとって生存の鍵となる大切な場所。
ところがアブラヤシプランテーション(農園)の拡大によって、大切な生息域が失われています。そこで、熱帯雨林だった土地を買い戻し、分断された緑(保護地)をつなぐことで「緑の回廊」を回復させる計画を、BCTを通じて行っています。

野生動物には、生息に最低限必要とされる川沿岸の森と、分断された熱帯雨林を結ぶ移動路が必要です。
BCTは、サバ州キナバタンガン川沿岸の開墾地を買い戻して森に再生し、熱帯雨林を一つに結ぶ緑の回廊計画を推進。BCTが土地所有権を取得し、それを支援した団体に土地命名権を与えることも実施しています。「サラヤの森」も5カ所まで広がっています。

獲得年月 土地名 面積
2009年5月 サラヤの森1号地 2.2ha
2010年1月 サラヤの森2号地 4.0ha
2010年3月 サラヤの森3号地 1.8ha
2011年6月 サラヤの森4号地 2.1ha
2012年10月 サラヤの森5号地 1.9ha
2017年4月 サラヤの森6号地 4.25ha