MENU

ニュースリリース


サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、サラヤ株式会社と東京サラヤ株式会社が、2022年3月9日に経済産業省と日本健康会議が共同で選定する、「健康経営優良法人2022」に認定されましたことをお知らせいたします。


健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。サラヤ株式会社・東京サラヤ株式会社は大規模法人部門の法人として、今回で3年連続の認定となりました。

今後もサラヤ株式会社・東京サラヤ株式会社は健康経営を推進し、従業員の健康の保持増進(生活習慣病予防、メンタルヘルスの推進など)の重点項目の取組を進めてまいります。


■サラヤグループの健康経営


世界の「衛生・環境・健康」に貢献することを使命としているサラヤは、これまでお客様の信用に支えられ、「衛生・環境・健康」の分野で強いリーダーシップを発揮してきました。まさに「健康」はサラヤのルーツでもあり、商品・サービス展開において主軸のテーマでもあります。同時に従業員やその家族の「健康」は会社の健全な成長を支える大切な基盤であると考えます。

さらに「健康」とは単に「病気にならない」という事だけではなく、「病気にかかっていても健やかに安心して暮らせること」でもあり、「どんな人も今より健やかな心身を目指せること」であると捉え、最終的には"人として豊かな自己の能力や個性を実現できる事"="well-beingな状態"へ導くことと考えます。

従業員一人ひとりのwell-beingの実現が、サラヤの成長を推進する力になり、そのサラヤが関わらせていただく世界の人々の「健康」に貢献できるよう「健康経営」に取組みます。

サラヤグループの健康経営
経済産業省「健康経営優良法人認定制度」


※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。