採用情報

健康経営

はじめに

1952年、日本の赤痢患者が戦後のピークを迎えたとき、ヤシ油から手洗いと同時に殺菌・消毒ができるパールパーム石けん液と使いやすい押し出し押し上げ式せっけん液容器を考案し、販売する事からサラヤの歴史は始まりました。

手指消毒という衛生面の改善を日本に広める一つの契機にもなったサラヤの商品づくりの源流は途絶えることなく、2022年に70年の時を迎えようとしております。

自然由来の原料から、社会の衛生環境を改善していく独自の商品を生み出し、人々の健康な生活に貢献していくという思いは、現在そして未来へと続く不変の精神です。

サラヤグループ健康経営宣言

サラヤは、世界の「衛生・環境・健康」に貢献することを企業理念に掲げています。
当社の従業員に対しても、当社が持つ「衛生」「健康」に対する多様なノウハウや機能を活用し、健康づくりを推進し、事業活動を通じて世界の人々の健康づくりに貢献する企業として今後の発展を目指すべく、ここに健康経営宣言をいたします。

2019年4月
サラヤ株式会社   代表取締役社長 更家悠介
東京サラヤ株式会社 代表取締役会長 更家悠介

サラヤグループの健康経営

世界の「衛生・環境・健康」に貢献することを使命としているサラヤは、これまでお客様の信用に支えられ、「衛生・環境・健康」の分野で強いリーダーシップを発揮してきました。まさに「健康」はサラヤのルーツでもあり、商品・サービス展開において主軸のテーマでもあります。同時に従業員やその家族の「健康」は会社の健全な成長を支える大切な基盤であると考えます。

さらに「健康」とは単に「病気にならない」という事だけではなく、「病気にかかっていても健やかに安心して暮らせること」でもあり、「どんな人も今より健やかな心身を目指せること」であると捉え、最終的には"人として豊かな自己の能力や個性を実現できる事"="well-beingな状態"へ導くことと考えます。

従業員一人ひとりのwell-beingの実現が、サラヤの成長を推進する力になり、そのサラヤが関わらせていただく世界の人々の「健康」に貢献できるよう「健康経営」に取組みます。

サラヤグループの健康経営×SDGs

サラヤグループの健康経営ロゴ※健康経営を社内でPRするためにロゴを作り情報配信の際に活用しています。

従業員一人ひとりのWell-being実現に向けた重点項目

サラヤグループでは企業成長の促進のため、従業員をWell-beingな状態へと導く環境整備を行なっております。そこでその達成度合いを客観的にはかるために下記項目を定点観測する事としています。

  • ストレスチェック結果における『健康リスク値』

「健康リスク」は厚生労働省の標準プログラムで提供されている数値で、組織においてこの先ストレスによる健康問題が発生するリスクを推定した数値です。
全国平均を100として数値に応じて確率が変化するように算出されています。110なら10%程度リスクが高い状況とみることができます。
一般的に120を超えると健康問題が顕在化してくる可能性が高いとされています。

  2019年度 2022年度目標
サラヤ 総合健康リスクA×B/100  105 90
東京サラヤ 総合健康リスクA×B/100  92 90
※全国平均(100)と比較し、どの程度リスクが高いか低いかを確認します(数字が低ければリスクが低い)。
  • ストレスチェック結果における『働きがいの値』
  2019年度 2022年度目標
サラヤ 働きがい  5段階数値 2.9 5段階数値  2.5
東京サラヤ 働きがい  5段階数値 3.0 5段階数値  2.5
※5段階数値は厚生労働省による全国調査データと比較し算出(点数が高いほど高ストレスと判断)。

その時々の社会的現状に即した各施策の企画(P)、実行(D)、評価(C)、改善(A)を繰り返すことで従業員の士気を高め、企業の持続可能性につなげます。

重点項目達成のための取組

生活習慣の改善、病気の予防や早期発見への取組で身体の健康改善を目指す。

①特定保健指導の実施率を向上させ生活習慣の改善に取り組む従業員を増やします。

実施率 2017年度 2018年度 2020年度目標
サラヤ 0.9%※1 1.7% 15%※2
東京サラヤ 12.8% 18.0% 24%
・2019年度の数値は2021年夏頃確定予定。

※1)2020年10月より特定保健指導の実施率を特定保健指導実施「終了」者とし実績を算出しなおしました(2020年9月までは利用者含む割合として1.8%と表記)。
※2)サラヤでは取り組みの成果により2020年度の目標を達成する見込みです。それにより新たな目標として2022年度を目標に20%の実施率を目指します。

②被保険者、被保険者のがん検診を促進し受診率向上をめざします。
早期発見で万が一の治療の負担を減らします。

受診率   2017年度 2018年度 2020年度目標
サラヤ 乳がん 52.7% 51.8% 60%
子宮頸がん 60.4% 58.0% 70%
東京サラヤ 乳がん 33.5% 44.3% 60%
子宮頸がん 31.4% 36.0% 54%
・2019年度の数値は2021年夏頃確定予定。

③ストレスチェックの受診率を向上させ職場環境の状況を正しく把握します。

受診率 2018年度 2019年度 2020年度目標
サラヤ 71.7% 84.5% 90%
東京サラヤ 76.5% 77.5% 90%

重点項目目標達成のために下記施策を実施しています。

施策① 特定保健指導・再検診の管理

定期健康診断で再検診の通知があった従業員は、産業医の指導のもと、健康診断結果から再検診受診までを確認し、「従業員の健康管理のケア」を図っています。再検査の受診はヘルスケア休暇等を活用し受診を促しています。
特定保健指導対象者についても、生活習慣改善等の促進をしています。

施策② 社内ロカボチャレンジの開催

大阪本社・東京本社の有志社員に向け、緩やかな糖質制限(ロカボ)で体質改善を目的として社内ロカボチャレンジを開催致しました。
サラヤの商品でもある「へるしごはん」や「低糖質スイートナッツ」「低糖質ショコラ」を実際に使用し、3週間取り組んだところ下記結果を得られました。

  • 2019年4月 実施
    体重平均 マイナス 1.7kg 腹囲平均 マイナス 2.3cm
  • 2020年6月 実施
    体重平均 マイナス 1.6kg 腹囲平均 マイナス 2.4cm

施策③ 健康に関する研修の実施

女性のがん患者率のトップである乳がんについて理解を深める目的で、「乳がんのしこりタッチ体験」や「乳がんと検診についてのランチセミナー」を開催。
セルフチェック法や基礎知識の学びを通し、がん検診の重要性を学びます。

施策④ ストレスマネジメント

職場のメンタルヘルスについては、社会の周知啓発も進むなかで、サラヤでも平成15年頃から相談受付や休職制度、メンタルヘルス支援室開設(現ダイバーシティ推進室併合)、復職支援プログラムの実施など、段階的に取り組み、着実に進展させてきました。

また新任管理職へのラインケア研修の実施やWEBストレス検査によるセルフケアの促進、その検査結果を部門レベルで分析しフィードバックするなど、メンタルヘルスの安定や職場環境の改善に役立てています。

その他、下記項目も重点項目と並行し、数値目標を設定しています。

喫煙率

たばこの煙により発生率が高くなるといわれている「がん、脳卒中、心疾患」の罹患を予防します。

  2017年度 2018年度 2020年度目標
サラヤ 24.4% 24.7% 23%(または2017年度より-5名)
東京サラヤ 39.4% 39.0% 34%(または2017年度より-10名)

残業時間の改善

残業が常態化している部署の確認とその改善を図ります。

  2018年度 2019年度 2020年度目標
サラヤ 18時間/月 18時間/月 11時間/月
東京サラヤ 18時間/月 11時間/月

ワークライフバランス特別休暇、有給休暇取得率

休暇取得を促進する事で従業員の生活の充実や身体の休息を促進します。

取得率 2018年度 2019年度
サラヤ
東京サラヤ
年次有給 42.3% 53.9%
ワークライフバランス
特別休暇
50.8% (2020年12月頃算出予定)
※ワークライフバランス特別休暇はサラヤグループ独自の特別有給休暇です。上記取得率の算出期間は毎年11月~10月までの期間で算出します。

体制づくり