ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシリビティとは

ウェブアクセシリビティとは、身体に障害(しょうがい)のある方や、高齢者も含む様々な方を含め、ウェブサイトを利用するすべてのユーザーが、提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、容易に利用できることを意味します。

※参照規格: JIS X8341-3:2010
「高齢者・障害者など配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部ウェブコンテンツ」

サラヤのアクセシリビティへの取り組み

サラヤでは、障害の種類やユーザーの状態、環境に関わらず、より多くの方に不自由なく、サラヤ株式会社ホームページ(www.saraya.com)をご覧いただけるように、アクセシビリティ( JIS X8341-3:2010「高齢者・障害者など配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部ウェブコンテンツ」 )に配慮したホームページの実現に努めます。

主な取り組み

  1. 音声ブラウザでの読み上げを考慮している
  2. ページのタイトルは、内容を簡単に識別できる名称を付ける
  3. 文字サイズは必要に応じてユーザーが変更できるようにする
  4. 文字や画像などにコントラストをつけて読みやすさに配慮する
  5. 画像やファイルなどのデータ容量をできるだけ小さくする

など

※現在、アクセシビリティへの取り組み対象は、サラヤ株式会社ホームページ(www.saraya.com)のみとなっています。
一部未対応のページがございますが、順次対応予定です。