採用情報

人材活用

多様な個性と能力の活用

企業の最大で最重要なリソース(資源)は人です。
すべての働く仲間がジェンダーや国籍に関係なく持てる力を発揮でき、いきいきと働ける包摂的な職場環境を創造することも大切な企業の責任です。
そこでサラヤグループでは、ダイバーシティ推進方針を以下のように定め、人材活用の取り組みを進めています。

ダイバーシティ推進方針

  1. サラヤは、多様な人材、多様な価値観により仕事の好奇心や驚きを拡大し、専門性の深みを増し、世界や各事業分野の多様性を拡げ、チーム力により楽しさを創出して、顧客への新たな価値の提供や満足度の向上へつなげます。
  2. サラヤは、多様な人材と価値観を受入れ、活用し、また自律した人材としての能力を伸ばしていけるように、従業員に多様性への理解を奨励すると共に、職場環境や育成の仕組みを充実させます。
  3. サラヤは、ビジネスやCSRを通して、多様な従業員と会社が、ともに力をあわせて成長発展し、地球と、国や地域社会の持続可能な発展の実現に、大いに貢献できる企業を目指します。

女性登用の目標

サラヤグループでは、女性管理職比率の向上を目標に様々な活動を推進しております。
最近の実績推移は以下のとおりです。

管理職(サラヤグループ)

管理職(サラヤグループ) 2015年11月 2016年11月 2017年11月 2018年11月 2019年11月
管理職総数(人) 362 377 396 435 451
女性管理職数(人) 27 31 39 50 59
女性管理職の比率(%) 7.5% 8.2% 9.8% 11.5% 13.1%
女性管理職数の比率の差
(ポイント)
5.6ポイント

管理職(サラヤ単体)

管理職(サラヤ単体) 2015年11月 2016年11月 2017年11月 2018年11月 2019年11月
管理職総数(人) 248 262 279 306 320
女性管理職数(人) 17 21 26 32 39
女性管理職の比率(%) 6.9% 8.0% 9.3% 10.5% 12.2%
女性管理職数の比率の差
(ポイント)
5.3ポイント

(参考)役員

(参考)役員 2015年11月 2016年11月 2017年11月 2018年11月 2019年11月
常勤役員総数(人) 21 22 21 20 21
女性常勤役員数(人) 2 2 2 2 3
女性常勤役員の比率(%) 9.5% 9.1% 9.5% 10.0% 14.3%
女性役員数の比率の差
(ポイント)
4.8ポイント

ダイバーシティ推進室の設置

人材に多様性をもたらす要素は、性別、年齢のみならず、生まれ育った国・地域、背景となる文化、ライフスタイル、家族構成、志向・価値観など、様々です。
サラヤは、ダイバーシティの推進に専門的に取り組む組織を総務本部内に実現させました。多様な人材を積極的に登用し、適材適所に配して、組織の活性化や生産性の向上、競争力の強化を図ることに成果を上げています。

ダイバーシティ推進室の役割

  • 女性、障がい者、外国人、高齢者等、多様な人材の活躍や能力開発の支援
  • 誰もが働きやすい職場環境や制度の整備
  • ワークライフバランス、家庭と仕事の両立の支援
  • メンタルヘルス向上、ハラスメント防止施策の推進

メディカル事業本部 学術部の吉田さん(左)は、2009年女性初の部長として活躍し、2015年に取締役に就任しました。ジェンダーに関係なく本人の適正や能力に応じて働く環境づくりを目指しています。

海外事業部には多国籍なメンバーが厳しいディスカッションをくり返しながら、文化や風習の違う世界各地での事業を展開しています。国籍を超えて世界の「衛生・環境・健康」に貢献しています。

サラヤのダイバーシティへの取り組みが認められ、平成24年度の『ダイバーシティ経営企業100選』に選定されました。
『ダイバーシティ経営企業100選』は経済産業省が「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を選定し表彰をおこなうものです。