ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

令和3年度障がい者雇用優良事業所 理事長努力賞を受賞

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構より、「令和3年度障がい者雇用優良事業所 理事長努力賞」を受賞しましたことをお知らせいたします。

この賞は、障がい者の雇用促進と職場定着のため、積極的に障がい者雇用に取り組む企業を表彰するものです。
当社は、人材をその経営資源の重要なひとつと位置づけ、積極的なダイバーシティ推進に取り組んでおります。障がいのある方の雇用についてもダイバーシティ推進の一環として、雇用促進や職場定着に取り組んでおり、サラヤグループ全体の障がい者雇用率は2021年6月時点で2.63%となりました。
今後も、企業と人材の持続的な成長という観点から、障がい者雇用の促進と安定した職場の提供、人材育成の取組みを通して、個人の多様性を尊重し自分らしく活躍できる社会を目指します。

当社は、障がい者雇用を通してSDGs目標8「働きがいも経済成長も」および目標10「人や国の不平等をなくそう」の達成に貢献して参ります。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。