ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

サスティナブルコスメアワード「SDGs推進賞」受賞のお知らせ

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、2019年度「サスティナブルコスメアワード」において、「SDGs推進賞」を受賞しましたことをお知らせいたします。

本アワードは、ソーシャルアクティビストチーム"MOTHER EARTH"と、国内唯一のタイプⅠ環境ラベルを運営する公益財団法人日本環境協会 エコマーク事務局のコラボレーションにより実施され、コスメを通じた SDGsの目標およびターゲットへの貢献や、フェアトレード、オーガニックなど商品製作に込めた想い・ストーリーなどを総合的に評価し、選考委員会による厳正な審査を経て、受賞者が決定されました。

サラヤ株式会社はスキンケアブランド『ラクトフェリン ラボ』のコスメ製造においてSDGs活動が特に優れていると評価され、団体として「SDGs推進賞」に選出されました。

(その他受賞者につきましては、「サスティナブルコスメアワード」公式サイトをご覧ください。)


哺乳類だけが持つ機能性たんぱく質「ラクトフェリン」を高濃度配合したスキンケアブランド『ラクトフェリンラボ』シリーズは、全アイテムが「持続可能なパーム油」のRSPO認証を取得し、製品パッケージに認証マークを表示しています。シリーズの中心になるオールインワン美容ジェル『LLモイストリフト ジェルセラム』の容器にはプラスチック削減のため"付け替えレフィル"を採用するなど、様々なアプローチで持続可能な製品開発をしています。

また、シリーズ売上の一部を公益財団法人ジョイセフの「ホワイトリボン」運動に寄付し、2018年からはアルコール手指消毒剤をウガンダの婦人科クリニックに配備して院内感染を防ぐ「SARAYA Safe Motherhood Project」をスタート、SDGsコスメブランドとしての関連のある社会課題解決に取り組んでいます。


※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。