ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

ウィル・ステラが「第64回工業技術賞」を受賞

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、ノンエンベロープウイルスを含む幅広いウイルス・細菌に効く酸性エタノール手指消毒剤「ウィル・ステラ」が、「第64回工業技術賞」(主催:社団法人 大阪工研協会)を受賞しましたことをお知らせいたします。

今年で第64回目を迎える「工業技術賞」は、工業に関する研究や発明、ならびに技術の進歩改善に対して大きな功績をあげた技術者に贈られる歴史ある賞です。
この度受賞しました「ウィル・ステラ」は、リン酸でpHを酸性にし、有効成分(エタノール)の効果を高めることにより、ノンエンベロープウイルスを含む幅広いウイルス・細菌に効果があるという技術が評価され、今回の受賞となりました。

ノンエンベロープウイルスとは、タンパク質の膜(エンベロープ)を持たないウイルスで、エンベロープを持つウイルスに比べ、アルコール消毒剤に対して一般的に効きにくい傾向があります。その代表例として、ノロウイルスをはじめ、ロタウイルスやポリオウイルスなどが挙げられます。
「ウィル・ステラ」は、この度評価された技術により、従来のアルコール製剤では活性が劣るとされてきたノンエンベロープウイルスを含む幅広い微生物に対して効果があることが認められています。
(ノロウイルスの消毒効果については、ヒトノロウイルスの培養が難しく、技術的に確立されていないため、より強力な耐性をもつ代替ウイルスへの不活化効果をもとに判定されています。)

サラヤでは、医療衛生のプロ用現場のみならず、「ウィル・ステラ」の技術を応用することで一般家庭用の手指消毒剤を充実させ、感染拡大の防止に努めてまいります。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。