ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

【新提案】新型インフルエンザなどの感染予防に!
ノータッチ式オートディスペンサー「GUD-1000」で、交差汚染を回避

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、手を触れることなく薬液が取り出せ、交差汚染のリスクを回避できる「ノータッチ式ディスペンサー GUD-1000」を2010年1月12日に発売しますことをお知らせいたします。

現在、新型インフルエンザをはじめとする各種感染症対策として、オフィスや公共施設など、公衆衛生の適所にアルコール消毒剤が配備されていますが、多人数が頻繁に利用することから、「ノータッチ」(センサー感知方式)のディスペンサーによる交差汚染(※)のリスク回避が望まれています。

当社は1952年の創業以来、食品衛生、公衆衛生、医療衛生など、各種「衛生」分野において"手洗い・うがい"の基本から、アルコール消毒剤による"消毒"まで、感染予防のための衛生手洗いを啓発してまいりました。
そのような中、1982年には、より衛生的で効果の高い手指消毒ができるよう、センサー感知で消毒液が噴射する「自動手指消毒器」を開発・発売以来、プロ現場に対応した衛生機器を開発し、この度世界市場を視野に入れた「ノータッチ式ディスペンサー GUD-1000」の発売に至りました。

GUD‐1000 は、消毒液だけでなく石けん液にも対応し、設置場所に応じた使用(据え置き、壁付けなど)が可能です。また様々な環境下での使用を想定し、センサー感知の精度を高めるとともに防水構造を施して耐水性を強化。さらに材質を変更することで耐薬品性能を向上しました。
より手軽に、より衛生的な感染予防にGUD‐1000 をお役立ていただけます。
(※)交差汚染とは、細菌やウイルスが物や人間の手を経由して、他の物、人間に感染することです。

◆発売

2010年1月12日

◆定価

10,500円(税別)

◆「ノータッチ式ディスペンサー GUD‐1000」特長

Point1.ノータッチで衛生的
一切手を触れずに、高度なセンサー感知で適量の薬液を手にとることができます。
Point2.多彩な薬液に対応
用途に応じて石けん液、消毒液が、サラヤの多彩なライナップから薬液を選択いただけます。
Point3.どこでも設置が可能
据え置きでも、壁掛けでも対応。乾電池式なのでコンセントのないところでも設置可能です。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。