ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

BCT "命の架け橋" 「吊り橋プロジェクト」
野生のオランウータンが渡る

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、当社が支援するBCT(ボルネオ保全トラスト)の活動のひとつ『吊り橋プロジェクト』において、2010年6月27日、「野生のオランウータンが橋を渡った」との報告がありましたことをお知らせいたします。

この『吊り橋プロジェクト』は、マレーシア・ボルネオ島において、アブラヤシ農園の拡大により分断されてしまった熱帯雨林の中で、木から木への移動ができなくなったオランウータンが川を渡って別の森へ移動することを目的に作られたものです。
(オランウータンの移動エリアを広げ、繁殖機会を増やすことから、「命の架け橋」とも言われています)

分断された森と森をつなぐ『吊り橋(第1号)』は、2008年4月に当社が、地元の大阪市 東住吉消防署より消防ホースを寄贈していただき、鴻池運輸の協力を得て、ボルネオに輸送。
当社の現地調査員をはじめ、BCT(ボルネオ保全トラスト)ジャパンスタッフ、及び地元の村人、そしてオランウータン専門家の黒鳥英俊氏(当時;多摩動物園:上野動物園)、水品繁和氏(市川市動物園)のご協力により、架けられました。

オランウータンの写真は、メナンゴール川(キナバタンガン川下流域サンクチュアリ保護区Lot4)に架けた「吊り橋1号」に設置された監視カメラがとらえたものです。

体毛の色・質、四肢のバランスなど身体的特徴から判断してオランウータンであることは間違いなく、これまでも目撃情報はありましたが、撮影に成功したのは今回が初めてです。
(文責:BCTジャパン理事・吊り橋担当 中西宣夫)

尚、吊り橋1号の後、2009年の4月に2号が架橋し、今後は2010年秋に3号が架橋される予定です。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。