ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

サラヤ×セレッソ大阪 11月20日 サラヤマッチ併設イベント
「森島アンバサダーが挑む!セパタクロー特別イベント」開催

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、2010年11月20日に、当社がスポンサードする大阪サッカークラブ株式会社(セレッソ大阪)の公式戦を、「サラヤマッチ(vs横浜マリノスF戦)」として開催。同日試合前の時間を利用して “セパタクロー特別イベントRoad to TAJIRI”を開催することをお知らせいたします。

この特別イベントでは、セパタクロー(※1)日本代表「田尻健児」選手が送り込む刺客に、森島アンバサダーサッカー日本代表が率いるTeamCEREZOが挑みます。前回、セパタクロー女子日本代表に惜しくも敗退し、悔しい思いをした森島アンバサダーがメンバーを選抜し、リベンジを誓います。

当イベントの開催背景には、弊社製品 カロリーゼロの自然派甘味料「ラカントS」がサポートする、田尻選手が、1型糖尿病(※2)を発症しながらもマイナースポーツであるセパタクローの普及啓発と糖尿病予防啓発に取り組んでいることから、その活動にセレッソ大阪、及び森島アンバサダーが共感し、協力いただいたことから実現しました。
尚、田尻選手はセパタクロー振興及び糖尿病の予防啓発を継続的に行っていることから、糖尿病関係者及びセパタクロー界では大変著名な選手です。
この度のイベントでは、セレッソ大阪の他、大阪ガスの協力も得ての開催となります。

また同時に、風邪予防の"手洗い啓発"として、弊社が取り組むアフリカ・ウガンダの手洗い支援活動「100万人手洗いプロジェクト」の募金活動を行い、セレッソ大阪の「西澤明訓」アンバサダー協力(予定)を得て、オリジナルハンドソープのチャリティー販売を行います。
※1: マレー語で「蹴る」という意味を表す「セパ(Sepak)」とタイ語で「ボール」を意味する「タクロー(Takraw)」が語源となった「蹴鞠」に似た競技。細い棒状のもので編んだ籐製またはプラスチック製のボールをネットを挟んで蹴りあいます。
※2:1型糖尿病とは、主に子どもに起こる原因不明の難病で、体の中の工場でインスリンを作ることが困難となる病気です。

田尻健児(たじりけんじ)
高校3年時にセパタクローを知り、サッカーから転向。SUITAKRAWを設立し、国際大会(タイ・キングスカップにて銀メダル獲得。

【セパタクロー特別イベント Road to TAJIRI】

日時
2010年11月20日(土)11:30~13:40
※11:.30 開場&セパタクロー体験コーナー
※(1) 試合12:00~
(関西学生選抜(予定)vs関東学生選抜(予定)
※(2) 試合、(3) 試合13:00~
(SUITSKRAW:女子チームvs TeamCEREZO)
(大阪ガスセパタクロー部:男子+少年チーム vs TeamCEREZO)

会場
キンチョウスタジアム北側体育館
定員:200名
※会場が満員になり次第、入場制限あり。

【Team CEREZO(予定)】
森島寛晃氏、西澤明訓氏、原信生氏、その他未定

【サラヤマッチ 横浜Fマリノス戦】

日時:2010年11月20日(土)17:00~キックオフ

会場:キンチョウスタジアム

詳細はPDFデータをご覧ください。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。