ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

新型うがい器「コロロ自動うがい器 CO-SA型」発売

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、シンプル&エコ、環境対応型「コロロ自動うがい器 CO-SA型」を販売することをお知らせいたします。

弊社は1952年の創業より、「環境・衛生・健康」の3つの分野において商品開発に取り組み、「衛生」分野では"手洗い"及び"うがい"による感染予防に努めてまいりました。中でも"うがい"を便利に手軽に、楽しく励行していただくために、1961年にキャップがコップとなる携帯容器に入った「うがい薬コロロ」を発売。

その後、うがい薬の調整が要らず、多人数が衛生的にうがいができる装置を世界で初めて開発し、1966年「コロロ自動うがい器CO-SI型」を発売いたしました。

現在では、多人数のうがい励行のための専用機器として、さらなる改良を重ね、40年以上の長い歴史とともに、全国の官公庁・学校・事業所などでご愛用いただいています。

そしてこの度、水使用量と本体重量を従来機種(※)に比べて約50%を削減。さらに電力(電気、電池)を使用しない電源不要のエコ設計。ペダルを踏むだけで適正倍率に希釈されたうがい液がノズルから出る新型・環境対応型「コロロ自動うがい器 CO-SA型」を発売しました。
(※)従来機種:CO-SG型

コロロ自動うがい器 CO-SA型

1.電源不要
電力を使用しないエコ設計。給排水の設備工事だけで簡単に設置できます。

2.水使用量 約50%削減
「シンク洗浄ペダル」を踏むとシンクに洗浄水が流れます。うがいペダルを踏むたびに洗浄水が流れる従来機種と比べて、シンク洗浄にかかる洗浄水の使用量を削減。

3.本体重量 約50%削減
うがいに必要な最低限の機能に絞こみ、本体・付属品・梱包を見直し。従来機種に比べてスリムになり、輸送・搬入しやく、省資源化。

◆発売

2009年10月22日

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。