ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

日本初、高度作用消毒用過酢酸製剤「アセサイド6%消毒液」を新発売

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、2001年10月10日、医療器具・機器・装置専用の化学的滅菌・殺菌消毒剤「アセサイド6%消毒液」を新発売いたします。
本剤は、当社が自社開発した日本で初めての過酢酸を主成分とする医療器具類専用の滅菌・殺菌消毒剤です。

現在、医療現場における医療器具の消毒では、殺菌力・薬剤耐性菌の問題、殺菌作用時間の問題、人体への安全性の問題などが指摘され、これらを改善した高水準グレードでの消毒剤の開発が望まれていました。「アセサイド6%消毒液」は、過酢酸のもつ迅速で強い殺菌力により、5~10分という短時間で、広範囲の微生物・ウイルスを殺滅します。また過酢酸は人体に対する安全性にも優れ、排液は容易に酢酸と酸素に分解され、さらに酢酸は環境微生物により炭酸ガスと水に分解されますので環境に悪影響を及ぼすことはありません。

【主な特徴】
 1 迅速な作用
 2 優れた殺菌力
 3 高い安全性

本剤は使用時に第一剤(主剤)と第ニ剤(緩衝化剤)を混和し、精製水で希釈して0.3%実用液として使用します。通常条件での消毒作業では、1回の実用液の調製で0.2%の有効下限濃度まで1週間の使用が可能です。

有効下限濃度確認のために、下限濃度判定用試験紙「アセサイドチェッカー」、医療器具の浸漬消毒のために、タイマー付きの「アセサイド専用浸漬槽」も同時発売いたします。

【製品の特徴】

 1 迅速な作用
   ・ 常温下で、通常なら5分以上、芽胞の殺滅を必要とする場合でも10分以上という短い
      作業時間で消毒ができます。
 2 優れた殺菌力
   ・ 過酢酸は、0.2~0.3%という低濃度で、一般細菌、抗酸菌、ウイ ルス、芽胞を含む
     広範囲の微生物に有効です。
   ・ 殺菌力が強く、有機物の存在下でも有効です。
   ・ 血液などのタンパク汚れを固着させることがありません。
 3 高い安全性
   ・ 過酢酸の分解生成物は、酢酸と過酸化水素で、過酸化水素は容易 に酸素と水に
     分解されます。これらの分解生成物は実質無害です。
   ・ 環境許容濃度は設定されていません。
   ・ 感作性・アレルギー性はありません。
   ・ 変異原性物質に分類されておらず、発癌物質とは考えられており ません。

また、構造の複雑な軟性内視鏡の洗浄・消毒のために内視鏡トップメーカーであるオリンパス光学工業株式会社(東京都新宿区西新宿/社長:菊川剛)と共同開発に取り組み、オリンパス光学工業株式会社から新発 売される内視鏡洗浄消毒装置「OER-2」に専用消毒剤(カセットボトル方式) として採用されました。

「OER-2」はSpeedy、Safety、Compactを基本コンセプトとし、(1)わずか17分の洗浄・消毒工程(2)専用カセットボトル方式で安全性を確保(3)コンパクトな設計で狭いスペースにも対応を特徴としています。なお、「OER-2」は、2001年10月17日から20日まで国立京都国際会館にて開催される第62回日本消化器内視鏡学会(学会長:慶応義塾大学 外科・北島政樹教授)に出展されます。

「OER-2」専用「アセサイド6%消毒液」は、オリンパス光学工業株式会社の国内販売会社であるオリンパスプロマーケティング株式会社を通じて販売されます。

【製品名】
 アセサイド6%消毒液  [劇薬・指定医薬品]
【新発売日】
 2001年10月10日(水)
【価格】
 アセサイド6%消毒液[薬価基準対象外]:¥8,000
 アセサイド専用浸漬槽:¥6,000
 アセサイドチェッカー:¥3,000
【商品構成】
 過酢酸製剤アセサイド6%消毒液
 第一剤500ml・第ニ剤500ml
 アセサイド専用浸漬槽10L(W432×D319×H195mm)
 過酢酸製剤濃度判定用試験紙アセサイドチェッカー 100枚入り
【成分】
 (アセサイド6%消毒液)
 第一剤:過酢酸、過酸化水素、酢酸、安定化剤、水
 第ニ剤:緩衝用塩、界面活性剤、金属イオン封鎖剤
【用途】
 医療器具、機器、装置の化学的滅菌、殺菌・消毒
【特性】
 1 芽胞をはじめ広範囲の微生物に有効です。
 2 常温・短時間で化学的滅菌ができます。
 3 安全性に優れています。
 4 有機物の存在下でも有効です。
 5 タンパク汚れを固着させることがなく除去が容易です。
 6 使用後の排液はすみやかに分解します。
   (注:この項目はDIに沿ってください)
【製造販売元】
 〒546-0013大阪市東住吉区湯里2-2-8
 サラヤ株式会社 06-6797-2525(代表)

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。