ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

大阪工場および伊賀工場が「ISO 9002」の認証取得しました

大阪工場および伊賀工場は、1999年12月1~3日にかけて、審査登録機関 日本化学キューエイ株式会社(JCQA)による品質システムの国際規格ISO 9002の登録審査を受け、合格することができましたので、ご案内致します。
登録は、12月13日付で登録番号JCQA-0608です。これを励みに今後も、全社をあげて、お客様本位の体制づくりと製品の高品質維持に努力してゆきたいと思います。また、継続して2000年度にISO 14000取得に向けて始動致します。

【ISO】

International Organization for Standardization の略称で、「国際標準化機構」と日本語では訳されています。これはスイスのジュネーブに本部を置く非政府機関であり、1947年の発足です。70年代後半に入り、欧米の多くの企業で品質管理や品質保証に関する規格が制定されるようになると、これらを統合、国際規格の制定へと動きが起こり、79年にISOにおいて調査審議を行う技術委員が設定されました。そして89年に 品質システムに関するはじめての国際規格として発行されたのがISO9000シリーズです。

【ISO9000シリーズ】

品質システムに関する国際規格のことで、製造業のみならず、サービス業までも含めたあらゆる産業分野を対象とした品質管理や品質保証に関する規格であり、ものやサービスを直接対象とするのではなく、それらを造り出す企業の仕組み(システム)を対象とするものです。

【ISO14000】

環境マネジメントシステムに関する国際規格のことで、環境に関して企業が方針を決定し、それを実行してゆくためのシステムに関る規格です。具体的には、環境方針の決定、責任体制の整備、自己の環境影響把握、環境行動目的の設定、目標達成計画と実行マニュアルの設定、環境監査の実施などからなっています。

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。