新型コロナウイルスに関するよくあるお問い合わせ

Q.アルコール手指消毒剤は有効ですか?
A.厚生労働省より、石けんなどによる手洗いとアルコール消毒液による手指消毒が推奨されています。手洗いの後にペーパータオルまたは清潔なタオルで水気を拭き取った後、手指用のアルコール消毒剤をご使用ください。
厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
Q.サラヤのアルコール手指消毒剤は危険物に該当しますか? 航空便での発送は可能ですか?
A.一般の方向けに販売している弊社の下記アルコール手指消毒剤は、危険物に該当します。
貨物として海外に発送される場合、国際郵便(EMS)では危険物のお取り扱いが無いようです。専門の輸送業者様へご相談下さい。その際、安全データシート(SDS)が必要となりますので、以下よりダウンロードしてご使用下さい。
  • ハンドラボ 手指消毒スプレーVH(指定医薬部外品、危険物第4類、エタノール濃度:76.9~81.4vol%(容量パーセント))
    安全データシート(日本語)→ダウンロード
  • ハンドラボ 手指消毒ハンドジェルVS(指定医薬部外品、危険物第4類、エタノール濃度:76.9~81.4vol%(容量パーセント))
    安全データシート(日本語)→ダウンロード
なお、航空機へのご搭乗の際の機内持ち込みまたは受託手荷物での預け入れの際は、国内便・国際便により量や容器などの規制が異なります。詳しくはご搭乗になる各航空会社へお問い合わせください。
Q.マスクはどのようなときに着用すればよいのでしょうか?
A.マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛沫を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクを着用しましょう。飛沫による感染拡大を予防する効果が期待できます。
一方、感染予防策の観点からみると、咳やくしゃみ等の症状のない方がマスクを着用することによる感染予防効果に関して明確なエビデンス(証拠)はありません。屋内や乗り物など換気が不十分な場所で、かつ混み合っている場所であれば一定の感染予防効果が期待できますが、屋外などではマスクを着用する必要性はあまり認められていません。

厚生労働省 コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html