ニュースリリース

ページを印刷する

サラヤ株式会社

自然災害発生時に、物資・サービス等の支援をワンストップで提供する、日本初の民間主導による緊急災害対応アライアンス「SEMA」に加盟

サラヤ株式会社(本社:大阪/代表取締役社長:更家悠介)は、2017年8月31日(木)より、災害支援を実施している民間企業16社およびNPO6団体とともに、日本国内での大規模自然災害発生時に、民間企業とNPOの連携により企業が持つ物資・サービス等の支援をワンストップで提供するため設立した緊急災害対応アライアンス「SEMA(シーマ)」に加盟することをお知らせいたします。

日本は、国土の大半が地震活動の活発な環太平洋変動帯に位置しているため地震の発生回数が多く、また地形的、気象的条件から、台風、豪雨、豪雪等の自然災害も発生しやすいため、世界有数の災害大国と言われています。過去の自然災害の経験から徐々に災害対策が進んでいますが、東日本大震災等では、被害状況や支援の取りまとめを担う自治体自体が被災することで、その対応が困難になるケースも見られました。自然災害からの早期復興のためには、セクター・企業の壁を超えその力を集約し、一体となって対応できる仕組みが求められています。

民間主導の緊急災害対応アライアンス「SEMA」は、企業やNPOの垣根を越えた組織として、自然災害が日本社会や被災者に与えるインパクトを最小限に食い止め早期復興を促すことを目指して設立されました。平時から加盟企業・団体が持つ物資・サービス等をリストとして集約し、災害発生時にはリストをもとに各社が行う支援をパッケージ化して迅速に被災地にお届けします。また、公共機関との連携を図り、支援の漏れや無駄を減らし、被災自治体の負担を軽減することを目指します。

被災地での情報収集は、東日本大震災等でも活動実績があり災害対応の知見を持つ特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパンなど6つのNPOが主に担当し、円滑な情報収集、被災者の確認やニーズに沿った物資の提供等が行える体制を整え、早期復興に向けた支援を行います。


※SEMA: Social Emergency Management Allianceの略

本取り組みの概要図

イメージ図.jpg

サラヤ提供商品

1)全身清拭ぬれタオル「おふろですよ」
水が十分に確保できなく、入浴できない時に全身が拭けるぬれタオルです。  300㎜×300㎜の大判仕様で、シトラスと石けんの香り、災害時に簡単に使用できます。

2)速乾性手指消毒剤 ウィル・ステラVH
従来の速乾性アルコール製剤では効きにくいとされていた、ノンエンベロープウイルスを含む幅広い微生物に対して効果のある新しい手指消毒剤です。

3)アルコール含浸不織布 アルコール除菌ワイパー
エタノール濃度50%を含んだ除菌ワイパー。手軽にふいて除菌効果を発揮します。

サラヤのホームページでは、避難所の必要な感染対策について情報発信も行っています。
自然災害発生!避難所運営で必要な感染症対策

※各ニュースリリースの情報は発表当時のもので、現状と異なっているものもあります。