CSR

ステークホルダーダイアローグ2012/出席者のご紹介

2012年7月26日に有識者をお招きし開催致しましたステークホルダーダイアログを議事録形式でご覧頂けます。今回は、サラヤと何らかの形で日頃関わりを持たれている方々にお集まりいただき、この一年の当社の活動を見ていただきながら、サラヤという企業が今後どういう風に環境、あるいは社会と関わっていくべきかについてご意見を頂きました。

出席者のご紹介

山口 洋典 氏

立命館大学 サービスラーニングセンター 准教授
大阪市特別参与として特に文化・都市魅力創造分野で市政に具体的な提言をする一方、僧侶として檀家のないお寺として有名な下寺町の應典院の主幹を務め、学びや癒しの場としてのお寺の事業運営責任者でもある。本来のご研究分野である「まちのエンパワーメント」や「人と人の繋がり」という見地から、当ダイアローグのファシリテーションを担う。

佐々木 正顕 氏

積水ハウス株式会社 環境推進部 部長
新梅田シティーにある本社ビルで里山を作り、本業の中で「5本の樹」と名付けた生態系に配慮した造園緑化事業推進など生物多様性について先進的に実際に取組んでいる。サラヤも参加しているJBIB「企業と生物多様性イニシアティヴ」という団体で活動を共にしていることから、同じように環境に取組む企業として今回アドバイスを頂く。

山田 裕子 氏

大阪NPOセンター 事務局長
主にNPOの中間支援組織で事務方の総括をされながら、最近はサラヤもメンバーである近畿ソーシャルビジネスネットワークという勉強会も主宰されており、障碍者雇用などでも意見交換を実施。今回は企業とは違った視点からサラヤをどう見ていただいているかというご意見を頂く。

中村 博一 氏

大阪ガス株式会社 CSR・環境部 CSR室 課長
佐々木様と同様にJBIBで活動を共にし、CSR・環境部ではガス供給という本業に根ざしながら、特に生活者の視点に重きを置いた様々な活動を行う。サラヤとは営業部門や商工会議所活動等でもお世話になっている企業であり、今回はサラヤを良く知る企業というお立場でご意見を頂く。

小柴 巌和 氏

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
政策研究事業本部 研究開発第2部 夢・創造グループ 研究員

サラヤがアフリカ・ウガンダで行っているBOPビジネスのパートナーとして共に事業を進めている。また、大阪大学大学院で国際貢献を研究されている中村安秀先生の門下生でもあり、サラヤが進めるボルネオ島やウガンダでの取組みについて国際貢献の研究者としての側面からご意見を頂く。

サラヤ社員

富田 晉平

専務取締役 
生産本部長 大阪工場の工場長であり、ISO14001環境管理責任者も務める。

中西 宣夫

調査員
2004年からボルネオでの現地フィールド調査研究のために大阪大学の中村先生のご紹介で嘱託社員として在籍。現在もボルネオ・ウガンダといった海外の取組みに参加。

横山 聡

総務本部 CSR推進部 次長

小辻 昌平

総務本部 CSR推進部 課長