CSR

糖尿病と闘うブルーサークル運動

ブルーサークルとは

ブルーサークルは、国際連合(UN)が決議し国際糖尿病連合(IDF)が推進する「糖尿病との戦いのために団結せよ(Unite for Diabetes)」キャンペーンのシンボルマークです。青い輪は、国連や空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」を表しています。

世界糖尿病デー(world diabetes day)とは

国連(UN)は2006年国連の決議で、国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健期間(WHO)が従来定めていた、インスリンを発見したFrederick Banting 氏の誕生日である11月14日を指定し、2007年以降この日を世界糖尿病デーと定めました。世界糖尿病デーは、全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンの推進をする日となっています。

サラヤでは

「ラカントS」を通して公益社団法人日本糖尿病協会と共に、ブルーサークル運動(啓発運動)に協賛しています。「ラカントS」は、血糖値やインスリンの分泌に影響しない自然派素材のカロリーゼロ甘味料です。

ラカントSのホームページ

【参考HP】