CSR

ユニバーサルデザインフード(UDF)マーク

サラヤでは介護食品の利用者や介護者にとって、選びやすく使いやすいように、とろみ調整食品にユニバーサルデザインフード(UDF)マークを記載しています。

ユニバーサルデザインフードとは?

フ日本介護食品協議会が定める自主規格に準じた表現や規格を統一し、利用者の能力に対応して摂食しやすいように、形状、物性、および容器等を工夫して製造された加工食品および形状、物性を調整するための加工食品に適用されます。

とろみの目安

同じ介護用食品のとろみ剤でもメーカーによって硬さや粘度が違うと、利用者の判断がつきにくくなります。そこで、サラヤは日本介護食品協議会の基準に準じ、とろみの強さやイメージ図を表示することで使いやすさに配慮しています。

開封口識別マークと誤飲防止への配慮

日本介護食品協議会の基準に準じ、開封口の見やすさ、読みやすさ、に配慮しています。
また、とろみ調整食品を粉のまま食べてしまうことによる事故発生を防止する観点から、注意喚起表示をパッケージに取り入れています。

ユニバーサルデザインフード対象商品

スマイルヘルパーさん とろみ調整食品

在宅介護向けの製品で、ダマになりにくく、混ぜるだけでサッと溶けるため、初心者の方でも簡単にとろみをつけることができます。

とろみ名人 マルチクイック

福祉施設向けの業務用製品で、冷たい物から温かい物まで、どんな食品にも同じ使用量で同じとろみがつきます。