CSR

安心・安全への取り組み

管理体制

サラヤは、常に優れた商品の安全性や品質保証のために、商品開発から製造・サービスの提供にいたるまでガバナンス体制を強化しています。

品質保証体系図

お客様の声から、製品の企画立案、設計、生産、販売にいたるまでの過程で、品質を作り込んでいきます。お客様からの品質に関する問い合わせに、調査・回答する仕組みを構築しています。

品質への取り組み

商品開発(バイオケミカル研究所、商品開発本部)

研究開発段階から品質管理部門と連携し安心・安全な製品を開発できるようさまざまな試験を行っています。製品妥当性会議で各部門すべてから承認されたもののみ商品化されます。

製造(生産本部、外注管理部)

自社製品は適切な環境の中製造を行い、工場品質部門による検査をクリアしたものを出荷します。外注製品に関しても、適切な環境の中製造を行えるよう外注管理部が主体となり管理指導しています。

流通(物流部)

物流部が委託先の倉庫と連携し、製品保管・出荷管理規定に従い、品質を劣化させることのないような環境(温度、湿度、屋内など)で保管・流通しています。

販売・サービスの提供(コンシューマー事業本部、サニテーション事業本部、メディカル事業本部)

サラヤでは商品をお客様に安心してお使いいただけるように、商品の販売のみではなく機器の技術サポートや食品衛生サポートなどのサービスにも力を入れています。