CSR

バイオマスマーク

バイオマスマークとは?

バイオマスマークとは、地球にやさしい循環型社会を目指した、バイオマスを使用した商品に表示されるマークです。

地球から伸びるクローバーはバイオマスそのものを、また、クローバーの左側はBの裏文字、右側はPをかたどっており、バイオマス製品(Biomass Product)を意味しています。さらに、矢印は、カーボンニュートラルを意味しています。

バイオマスマークを使うメリット

  • 地球温暖化の防止
  • 競争力ある新たな産業の育成
  • 循環型社会の形成
  • 農林漁業・農山漁村活力アップ

バイオマスとは?

バイオマスとは動植物から生まれた再生可能な有機資源のことです。

「廃棄物系バイオマス」(生ゴミ、家畜排せつ物、建築廃材など)、「未利用バイオマス」(林地残材、稲わら、 麦わらなど)、「資源作物」(さとうきび、てんさい、とうもろこし、大豆、アブラヤシ、ココヤシなど)があります。

化石資源依存型から、バイオマス利用社会へ!

  • 地球温暖化の防止
  • 戦略的産業の育成
  • 循環型社会の形成
  • 農産漁村の活性化

バイオマスは「カーボンニュートラル」な資源なので、 温室効果ガス(CO2)の排出を抑制します。

カーボンニュートラルとは?

カーボンニュートラルとは、植物は燃やすと化石燃料と同様に二酸化炭素を排出しますが、成長過程では光合成により大気中の二酸化炭素を吸収するので、収支はプラスマイナスゼロになる、という炭素循環の考え方のことです。

これまでは、「地球温暖化進行・非循環型」の化石資源依存型の社会でした。

地下の化石燃料(石油)を使用し、燃焼させることでCO2が増加する。

これからは、「地球温暖化防止・持続的循環型」のバイオマス利用型の社会にすることが大切です。

CO2を吸収し、光合成をするバイオマスを使用することで、燃焼して発生したCO2も再び光合成に利用・吸収されるため、実質的に大気中のCO2を増加させない。